スポンサーリンク

IPO 投資 証券口座

【新規上場】IPO投資に便利な証券口座まとめ

IPOってご存知ですか?

IPOは、新規上場株のことです。新規上場した際は最初は株価の上昇が期待されます。最近ではAI銘柄や、SaaS銘柄はとても初値が高騰しています。そう言われると買いたくなってしまいますね。

ただ、必ず上がるわけではないのでご注意を

そんなIPO株を購入するためには、証券口座から抽選に申し込んで当選しなければいけません。通常、抽選倍率がとても高いので、なかなか当選することができません。上場時は複数の証券会社が幹事として上場の取りまとめを行います。その幹事の証券会社で、IPOの抽選に申し込むことができます。そのため、事前に複数の証券口座を準備して、複数回抽選に申し込んで少しでも当選確率を上げたいですね。

証券口座によっては事前に資金を入れておかないと抽選できない口座もありますが、中には資金を入れずに抽選できる口座もあります。複数口座で抽選をするなら、拘束される資金は少ない方がいいですね。

今回はIPOの抽選を行うのに便利な証券会社をまとめます。

こんな方におすすめ

  • IPO投資に興味がある人
  • 運試しをしたい人
  • 1回の売買で爆益をあげてみたい人(←自分)

IPO抽選オススメ証券口座

IPOの幸運を手にするために複数口座から抽選に申し込みを行いましょう。

事前資金不要で抽選することができる証券口座、IPOに当選するために開設しておいた方がいい証券口座を紹介します。

オススメその1(事前資金不要)

この4つの証券口座は抽選に申し込む際に資金が不要な口座です。当選して購入申し込みをするときに資金は必要になってきます。

一回でも多く抽選回数を増やすために、資金不要で抽選できる口座はできるだけ増やしておきたいですね。

  • 野村證券
  • 岡三オンライン証券
  • 松井証券
  • ライブスター証券

野村證券と岡三オンライン証券はIPOの取り扱いが比較的多めなので、開設することをオススメします。

松井証券とライブスター証券は取り扱いが若干少なめです。口座が多くなっても問題ないという方は、ぜひこちらも開設しておきたいですね。

オススメその2(事前資金必要)

この2つの証券は事前に資金の拘束がありますが、IPO取り扱いが多いため、抽選回数を増やすにはもってこいです。

  • SBI証券
  • SMBC日興証券

中でもSBI証券は、IPOに対して面白いポイント制度を導入しています。

他の証券口座では、IPOにはずれれば終わりですが、SBI証券では外れた時でもIPOチャレンジポイントをいただけます。抽選にポイント枠があり、このポイントを使うことでポイント枠で当選する可能性が出てきます。このポイントを貯め続けることができるので、たとえ抽選ではずれ続けても、ポイントで抽選することで、いつかはIPOの当選をつかみとることができます。まだ私は掴み取ってませんけどね。

どの証券口座で抽選に申し込み続けても全然当選しないので、抽選倍率の高さが伺えます。

番外編

番外編として一つ紹介します。

  • SBIネオモバイル証券

番外編は、皆様におなじみのネオモバです。ネオモバでは、1株IPOというものを行っており、1株から抽選に参加することができます。

当選した時の利益は少ないですが、IPOが当たるっていいですね。1株なら当たる確率も高いのかなあ?

しかも抽選では、若年優遇分があるようです。ですので、20、30代の若い方の当選確率が高いんではないでしょうか。他の証券会社では聞かない若者特典です。うまく活用したいですね。

1回抽選に申し込んでみましたが、残念ながらはずれました。当たった時のリターンが大きく、リスクは低いので根気よく申し込み続けます。

 

IPOの抽選で気をつけること

初値の値下がり以外にIPOで気をつけることがあります。

それは、抽選に申し込んで当選した場合に購入の申し込みを行わないと、次からの抽選でペナルティを食らってしまうことがあるためです。ペナルティのあり、なしは証券講座ごとに違うので、ここで確認しましょう。

初値は高騰することが多いですが、中には今ひとつの銘柄も混ざっているので、抽選する時に少し確認して、当選しても購入したくないような銘柄への申し込みは避けましょう。

SBI証券

ペナルティ:特になし

SBI証券では、当選後に購入を辞退してもペナルティはありません。

落選した時でも、IPOチャレンジポイントがもらえるので積極的に抽選に申し込みたいですね。

IPOチャレンジポイントで当選していた場合は、ポイントが消滅するので、ポイントは確実に購入する意思のある銘柄の抽選時に使いましょう。

SMBC日興証券

ペナルティ:1ヶ月IPOの抽選不可

SMBC日興証券では、当選後に購入を辞退すると、その後1ヶ月間抽選に申し込むことができなくなります。

それほど大きなペナルティではないですが、申し込む前に企業の情報を確認しておきたいですね。

野村證券

ペナルティ:特になし

野村證券でも、購入辞退によるペナルティはありません。

岡三オンライン証券

ペナルティ:特になし

岡三オンライン証券でも、購入辞退によるペナルティはありません。

松井証券

ペナルティ:特になし

松井証券でも、購入辞退によるペナルティはありません。

ライブスター証券

ペナルティ:特になし

ライブスター証券でも、購入辞退によるペナルティはありません。

SBIネオモバイル証券

ペナルティ:?

調べてみましたが、ペナルティについて記載を見つけることができませんでした。

1株から購入できることを考えると、購入を辞退することはできないかもしれませんね。

気をつけましょう。

 

今回紹介した中では、SMBC日興証券で辞退するとペナルティがありました

1ヶ月の抽選に申し込めないペナルティは、あまり影響はないと思います。企業情報を少し確認して、積極的に抽選しましょう

 

まとめ

IPO銘柄は抽選に当選すれば、大きな利益が得られる可能性の高い、株式投資における宝くじのような存在です

普通に投資するのにプラスして、こういった運試しをするのも面白いです。

当選辞退によるペナルティもほとんどありませんので、複数の証券会社を活用して抽選回数を増やしましょう!

ただ、初値は上昇しやすいですが値下がりすることもあるので、抽選前にあらかじめどんな会社なのか少し調べるくらいはしておきたいですね。

何と言っても抽選を行わないとチャンスはやってきません

地道にコツコツ抽選に参加して、いつか当選することができるといいですね。

いつか初値が高騰する銘柄で当選したいなー!!

 

おまけ

Q.どのくらい証券口座は開設していますか?

A.今回紹介した口座は全て開設済みです。たまに抽選の参加を忘れてしまいますが、ほとんど抽選に申し込むようにしています。

スポンサーリンク

-IPO, 投資, 証券口座
-, , , , ,

© 2021 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5