スポンサーリンク

投資

【株主優待】6月にオススメの株主優待銘柄

株式投資の一つの楽しみでもある株主優待。6月も優待銘柄は多いですね。

たとえ株価が下がっても優待を楽しみに長期投資することができるので、長期投資のお供に優待銘柄は欠かせません。

6月優待銘柄の中で、私が欲しいと思うものを2つ紹介します。

 

6月のオススメ優待3選

私のオススメはずばりこちら❗️

すかいらーくホールディングス

・日本マクドナルドホールディングス

それぞれ優待を見ていきましょう。

すかいらーくホールディングス

株主優待といえばすかいらーく❗️なんて思う方も多いんではないでしょうか。

すかいらーくの魅力は、日本全国どこにいてもお店がそばにあるところですね。都市部にしかないお店の優待はいただいても使えませんからね笑

ガスト、バーミアン、しゃぶ葉 etc... とても多くの業態の店舗を経営しているので、お店に飽きてしまう心配もなし!長期で保有して優待ご飯を満喫したいですね。

そんなすかいらーくホールディングスのデータを見ていきましょう。

株価:

1株1800円(2020年6月中旬)

株主優待は100株からなので、優待をもらうには18万円程度必要になります。

優待内容:

100株保有 3,000円分のお食事券(6月、12月の年2回)

300株保有 9,000円分のお食事券(6月、12月の年2回で12月は+2,000円分)

500株保有 15,000円分のお食事券(6月、12月の年2回で12月は+3,000円分)

1000株保有 33,000円分のお食事券(6月、12月の年2回で12月は+3,000円分)

複数単元保有することで優待利回りが上がるのが特徴ですね。優待利回りを見ていきましょう。

優待利回り:1株1,800円で計算

100株保有 1.67%

300株保有 2.04%

500株保有 2.00%

1000株保有 2.00%

300株持つのが一番優待利回りがいいですね。株価を下げたタイミングで買い増ししたい銘柄です。

配当金は未定となっていますので、今後の業績次第では減配、もしくは無配になる可能性のあると思います。昨年は減配されていますが、株主優待制度に変更はなかったため、今後も株主優待に変更がないことを祈りましょう。

企業としても自社サービスを知って、使ってもらう機会なのでおそらく優待内容の変更はないんではないかと思います(願望)。

※注意点

すかいらーくのIRページを確認すると個人投資家の割合が67.69%となっており、株主のほとんどが優待目当ての個人投資家であることが想定されます(https://ir.skylark.co.jp/stock/stock.html)。

業績悪化による優待の改悪などになってしまうと個人投資家による投げ売りが起こる可能性がありますので、その点は注意しなければいけません。

ポイント

  • 18万円から株主優待がもらえる(2020年6月現在)
  • 300株持つのが最も優待利回りが高い
  • 減配、無配になる可能性も忘れない

 

日本マクドナルドホールディングス

こちらも定番中の定番の銘柄ですね。呼び方は「マック」派ですか?「マクド」派ですか?私はマック派ですね。6月や12月に優待を実施している飲食店が多い気がします。

マクドナルドも日本中にあるので、自宅の近くで、帰省した時、旅行した時いつでも使えてとても便利です。

ときどきジャンクフードは無性に食べたくなります。そんなときに優待券を使いたいですね。

日本マクドナルドホールディングスの株価を見ていきましょう。

株価:
1株6,160円(2020年6月中旬)

優待は100株からなので60万円ほどかかってしまいます。中々60万円を投資に回すのは難しいですが、いつかマクドナルドも保有したいと思っています。優待内容を見ていきましょう。

優待内容:

マクドナルドはバーガー類、サイドメニュー、飲み物の3種類を選べる券が6枚セットで1冊になっている優待をもらえます。

100株以上保有 1冊

300株以上保有 3冊

500株以上保有 5冊

単元数を増やすとそれに応じて優待数が増えていく形式です。すかいらーくのようなお得さはありませんね。1セットでハンバーガーセットを1つ選べるような優待ですね!優待利回りとしては、1セットが大体600円くらいと思って計算すると0.5%と優待利回りは低めです。

マクドナルドはコロナウイルスの影響下でもテイクアウトの需要により業績は好調な推移をしているため、株価が割高圏になってしまい投資タイミングが掴めないです。昼時にマクドナルドへ行くととても混んでいるので業績はしばらく好調かもしれませんね。優待によるインカムゲインよりも株価の上昇によるキャピタルゲインを狙える銘柄かもしれません。

投資資金に余裕がある場合は購入候補に入れてもいいんではないでしょうか。

ポイント

  • テイクアウト需要の向上により業績は好調
  • 株価も高値圏でインカムゲインよりキャピタルゲインが狙える可能性がある
  • 100株保有でハンバーガーセットを6つもらえる

おわりに

6月の株主優待銘柄すかいらーくマクドナルドの紹介でした。6月は飲食店の優待がとても多いですね。株主優待の中でも飲食店の優待はとてもありがたい存在です。直接的に家計の節約につながります。投資は長期にわたってストレス行うのが成功のコツです(書いている私が成功しているわけではありませんが。。笑)。

ありがたい優待をもらいながらのんびり投資ライフを送れるといいですね。

最後になりましたが、投資は儲かる可能性がある一方で損してしまう可能性の十分にあります。投資先の企業のいい面だけでなく、悪い面も特にしっかり見て、それでも投資するメリットがあると感じてから投資を行うようにしましょう。

おまけ

Q.配当利回りと優待利回りどちらを気にしますか?

A.私の場合、優待利回りや優待内容ですね。

スポンサーリンク

-投資
-, ,

© 2021 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5