スポンサーリンク

暮らしに役立つ

【ポイント還元】マイナポイントをもらおう

消費税増税による消費の落ち込み回避策として続いていた、キャッシュレスの5%還元が2020年6月末で終了してしまいますね。

私は、基本的に現金を使わないのでお得に感じていましたが、終わってしまうのはとても残念です。

次に政府が進めるキャッシュレスの還元策に2020年9月から始まるマイナポイントの還元があります。こちらもかなりお得な制度なので利用しない手はないですね。

事前の申し込みが7月1日から始まりました。

予算は先着の4,000万人分でそれ以上は打ち切りのようです。4,000万人もマイナンバーカードを作ることは想像しづらいですが、早めに準備を始めましょう。

必要なもの

政府からマイナポイントを付与してもらうためには、マイナンバーカードが必要です。

マイナンバーの通知書ではなく、顔つきのカードの方ですね。

まだ、カードの普及率は高くはないので、持っていない方も多いんではないでしょうか。申請を行ってから届くまでに、1ヶ月ほどかかるようなので、早めに作っておきたいましょう。

マイナンバーカードは、市役所、役場で申し込むか、オンラインでも申し込みが可能です。オンラインだとスマホで撮影した顔写真を使えるので証明写真を撮りに行く手間が省けますね。

写真はどのくらいの期間使うのかと思いましたが、10年更新のようです。

10年間使っても恥ずかしくないようにおしゃれして写真を撮りましょうw

私はスマホで適当に撮って作成してしまいました。

 

どんな還元策?

事前にマイナンバーカードを使って、キャッシュレス決済(クレジットカードや、QRコード決済)と紐付けを行うと、政府がキャッシュレス決済のポイントとして還元してくれる制度です。

例えば、楽天カードと紐付けを行うと、楽天スーパーポイントとして還元されるといった流れになります。

こちらからマイナポイント還元の対象事業者を確認することができます。

期間

2020年9月〜2021年3月末まで

還元ポイント

最大5,000ポイント

還元率は25%なので、期間中にキャッシュレス決済を2万円分行うと上限の5,000ポイントがキャッシュレス事業者のポイントとして還元されます。

7ヶ月の間で2万円分の買い物なので絶対使ってますね。

ポイント

  • マイナポイントをもらうには、マイナンバーカードを発行しておく
  • 最大5,000ポイントが還元される

 

まとめ

マイナンバーカードの普及と、キャッシュレス決済の推進で、うれしいポイント制度が始まりますね。

こういった制度は活用しないだけ損になってしまうので、積極的に活用しましょう。

キャッシュレスで決済するだけで、5,000ポイントももらえるのはかなり嬉しい!

マイナンバーカードを持っていない方は早めに作っておくことをお勧めします。

 

おまけ

Q.どうやってマイナンバーカードを申請しましたか?

A.もちろんオンライン決済です。オンライン上で処理が完結するものが増えてきて嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

-暮らしに役立つ
-, , , ,

© 2021 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5