スポンサーリンク

ポイ活

楽天プレミアムカード解約方法、解約する前にやっておきたいこと

 

楽天市場のSPUが+2倍だったり、空港でラウンジを使うことができたりとお得な特典が多い楽天プレミアムカードですが、年会費が11,000円(税込)かかります。

年会費分の特典を受けていなければ、解約して年会費無料の楽天カードを使った方がお得ですね。

 

楽天プレミアムカードの解約方法と、注意点をまとめました。

 

楽天プレミアムカード解約方法

楽天プレミアムカードの解約は電話になります。

カード裏面に記載されている「楽天プレミアムカードデスク」に電話をかけて解約手続きに進みます。

 

朝やお昼時間帯はオペレーターが混み合っているので、混雑時間は避けた方がスムーズに解約することができます。

 

解約方法

●カード裏面の「楽天プレミアムサポートデスク」に電話

●本人確認をして、解約の意向を伝える

 

解約手続きはこれで終了です。

 

楽天プレミアムカードを解約する前に

楽天プレミアムサポートデスクで解約する前にしておくと便利なことをいくつかあげておきます。

 

解約するとすぐに使うことができなくなる

楽天プレミアムサポートデスクに解約と伝えると、その時点でカードを使用することができなくなります。そのため、解約の電話は、年会費期限のギリギリで行った方が損が少ないです。

プレミアムカードの有効期限は、カードに記載の月の末日までなので、末日までに解約の電話をすれば、翌年以降は年会費がかからなくなります。

例えば、カード有効期限が12月までなら、12月末までの電話で翌年以降の年会費が発生しなくなります

 

特典があるうちに、楽天市場でお買い物をしたり、毎月の引き落としに使っている場合はカード変更をしておきたいですね

 

楽天カードの2枚目を発行する

楽天カードは1人で2枚発行することができます。

楽天プレミアムカードを保有している時も、2枚目のクレジットカードを発行することができます。この時の2枚目は、年会費無料の通常楽天カードになります

 

解約前に、2枚目を発行すると、2枚目のクレジットカード番号で、各種引き落としを変更することができるので、カードの切り替えがスムーズになります。

 

おまけに2枚目のカードを発行して使用すると楽天ポイントを1,000ポイント獲得することもできるので、解約前に2枚目の発行はして引き落としの変更を行いましょう。

 

楽天プレミアムカードを解約する前に

●楽天カード2枚目(年会費無料)を作って、引き落とし設定を変更

●楽天市場で購入予定のものを買っておく

 

楽天カードを解約する前にやっておいた方が良いことは、楽天カードプレミアムサポートデスクに電話したときに丁寧に教えていただきました。

解約も気軽にできるので、楽天カードの2枚目を発行してから引き継ぎ設定をしてから電話しましょう。

スポンサーリンク

-ポイ活
-

© 2022 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5