スポンサーリンク

家計簿

【給料明細】社会人5年目の給料の実態

こんにちは!

なおき(@waste_investor)です!

 

今年も待ちに待った昇給の季節がやってきました。

気がつくと社会人生活も5年目に突入し、若手から中堅と呼ばれるようになってきました。

一気に給料が上がることもありませんので、コツコツ給料も上げていきます。

 

社会人5年目の給料

今年の昇給額は9,000円でした。

月に9,000円、年間で9,000 × 12 =  10万8,000円、ボーナスと残業代が増える分を含めれば年収は20万弱くらい上がりました。

 

給料明細

昇給後の給与明細はこのような感じでした。

金額についてはざっくりまとめてあります。

 

項目収入(円)控除(円)
給与263,000
残業42,000
所得税7,000
住民税16,000
厚生年金27,000
健康保険料9,000
雇用保険1,000
組合費4,000
小計305,00064,000
手取り額241,000

 

額面で約30万円、手取りは約24万円でした。

残業しなければ約20万円なので、残業も少しはしたいのが現実です。

ここから家賃、光熱費、食費等の生活費がかかり残りが本当に自由に使えるお金になります。

 

控除に入れている中で個人的に嫌な項目は2つです。

・厚生年金

・労働組合費

 

厚生年金はこんなに取らないでほしいというのが本音です。

みんな感じていることでしょう

老後のお金は自分でどうにか準備するので、年金は任意性にして欲しいですね。

年金を払わなくて済む方法があるか調べてみましたが、海外に移住する以外なさそうです。

日本には住み続けたいので、住むためのお金だと思って我慢します。

 

労働組合から抜けられる会社もあるようですが、私の働いている会社では抜けることはできないようです。

年間5万円ほど組合費を払っていますが、恩恵を感じたことはありません。

勝手に取られて知らない場所でお金が使われる仕組みが会社の中にあると思うと嫌な気持ちになります。

 

社会人5年目 年収シミュレーション

今年度の年収がいくらになるのか計算します。

額面月収:約30万(残業代約20時間込み)

ボーナス:約5ヶ月

(推定年収) = 30(万) × 12(ヶ月) + 26万3,000(円) × 5(ヶ月) = 491万5,000円

残業をもう少しすれば500万円になりそうな金額です。

せっかくなら500万円に乗せたいのでたくさん残業します(泣)。

 

基本給のアップ分だけでは基本給が増えないので、昇格してもう少し基本給を増やしていきたいところです。

責任を負い過ぎない範囲で。

 

20代の平均年収

20代の平均年収はこのくらいのようです。(※dodaより)

20代で1,000万円を稼ぐのはなんと0.2%です。

外資系の企業や日系の超大手企業、営業のインセンティブ、企業経営とかでしょうか。

周りで聞かないのでどんな人たちなのか想像もできません。

 

20代の給料は徐々に上がっていき、30代、40代で大きく差がつき始めることが多いと思っています。

若いうちに様々な経験を重ねて、給料アップを加速させていきましょう。

 

dodaの表では、平均年収以上稼いでいることになりますが、豊かだと感じることはあまりありません。

年に1回海外旅行、月に1回国内旅行、月に1回ちょっといいお店での外食をするのが理想の生活です。

もう少しがんばらないと理想の生活を実現することはできないので、稼ぐ力をアップさせていきます。

 

社会人生活を5年続けてきて、会社の昇給テーブルを知っていると大幅な給料アップがないことがわかってきます。あくまで基本は年功序列の給与体系です。

 

これから一生同じ会社で働くことができる時代でもなくなってきているので、会社外でも色々な副業にチャレンジしたり、投資でお金に働いてもらうことを覚えていったりして、お金に対する将来の不安は無くしていきたいですね。

会社では安定した収入、そして副業で青天井の収入を狙っていくことがこれからの時代は必須になりそうです。

 

やった後悔より、やらない後悔をしたくはないので、情報を集めてやりたいことに手を出していきたいです。

スポンサーリンク

-家計簿
-, ,

© 2021 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5