スポンサーリンク

プログラミング

【ツイート解析】Twitter Developersアカウントを作成方法

こんにちは!

なおき(@waste_investor)です!

 

ツイート分析をするために、Twitter Developersアカウントを作成しました。

作成までの手順をまとめておきます。

 

Twitter Developersアカウントを作成する

まずは、Twitter Developersアカウント作成ページへ行きます。

https://developer.twitter.com/en/portal/projects-and-apps

 

 

Create an app」をクリックしてアカウント作成に進みます。

 

 

 

作成する目的を聞かれるので、「Hobbyist」から「Exploring the API」を選択します。

ここは、目的次第であっていそうなものを選択すると良さそうです。

 

Twitter APIで取得したデータをどう使っていくか入力する画面が出てきます。

英語で書かなければいけませんでしたが、Google翻訳で翻訳してそのままコピペして問題ありませんでした。

 

例えば、TwitterのAPIを使ってデータを取得して、ツイートの分析をしたい。など書いてGoogle翻訳して貼り付けました。

 

他にも、他のDM機能を使用するかや、他の媒体で共有するかなど聞かれたので、必要に応じて入力します。

 

すべてを入力して、申請を出すと、Twitterに登録したメールアドレスに返信が届き、無事にTwitter Developersアカウントが作成されました。

 

Twitter Developersアカウント認証コードを取得する

申請が無事に通りアカウントが作成されたら、認証コードを取得します。

 

1プロジェクトまでなら無料で作成することができるので、まずはプロジェクトを作成します。

月に50,000ツイートまでの取得ができるようです。

 

作成したプロジェクトページにいき、「Keys and tokens」からトークンを取得します。

一度取得すると見えなくなり、トークンがわからなくなった場合は再発行という流れでした。

PythonでTwitterAPIを叩くためには、API key & secretの2つのキーと、Access token & secretの2つのトークンが必要になります。

 

Twitterのデータ分析

TwitterのDevelopersアカウントを作成して、キーとトークンを取得する方法をまとめました。

ツイートの取得などはPythonがいいかなと思っています。

 

Developersアカウント作成しておけば、ツイートを取得してデータ分析を行うことや、Botを作ることができます。

色々と遊べそうなことがたくさんあるので、少しづつ試して行きたいですね。

スポンサーリンク

-プログラミング
-,

© 2021 FIREを目指す浪費投資家の道のり Powered by AFFINGER5